鍼灸治療の確かな効果、豊富な鍼灸臨床経験、高度な鍼灸技術

鍼灸治療実績と信頼できる鍼灸治療院をお探しの方、お悩みの病気を鍼灸治療で治したい方、他の鍼灸治療でご満足されていない方々は、日本全国からご来院されています。現代中国医学治療手段と他が追随のできない高い鍼灸技術と豊富な治療法で鍼灸治療効果を上げています。

脊髄小脳変性症、多系統萎縮症、パーキンソン病、筋ジストロフィー、多発性硬化症、間質性肺炎、腎不全、突発性難聴、リウマチ、チック症、筋萎縮性側索硬化症、顔面神経麻痺、不妊、女性疾患等難病、慢性病に取り組んでいます。

現代中国医学治療は、日本で行われている鍼灸や漢方と東洋医学とは違うので、今までの鍼灸と漢方治療で良くならなかった方にも是非ご来院するようにお勧めします。

当センターの治療方法 (これらの治療法は日本に未だありません)

中国鍼と日本鍼

全て使い捨て、日本鍼5種類と中国鍼12種類の異なるサイズの鍼を揃えており各サイズの鍼を使いこなすことができます。鍼のサイズも指定可能:その人の病気・体質、鍼の経験有無、ご希望等に合わせて鍼のサイズを選定して治療いたします、
鍼による痛みの心配は要りません。

中国鍼の種類日本鍼の種類
中国鍼の長さ:10mm~20cm、直径:0.25mm~0.56mm。日本鍼の長さ:10mm~6cm。直径:0.12~0.24mm。*直径0.12mmの鍼は髪の毛位の太さです。

その他の鍼

皮内鍼・円皮鍼梅花鍼耳ツボの漢方鍼

お灸

漢方灸使い、日本の艾のお灸と違い、肌の上に直接もぐさを置かないので火傷の心配がありません。ちょうどいい気持ちのよい温かさです。

漢方灸灸処置状態
漢方灸の特徴
1.漢方配合のお灸なので、従来のモグサのみのお灸より力が強い。
循環よくする、老化防止、新陳代謝の促進、 抗アレルギー作用、痛みの緩和、免疫力向上、 発ガン抑制、強壮作用、冷え治療に2.肌には直接つけないので、火傷の心配はなく、また肌への距離を調節することで温度や刺激量、時間を自由自在にできるので、初心者の方にも施術できるのが特長です。

吸い玉

ガラス玉を使い、火を使い、鍼の上に吸玉かける等特殊な仕方により効果的です。鍼灸との組み合わせにより効果を最大限に引き出します。

皆様の病気や体質に合わせて行います。吸玉をかける場所は皮膚上にある臓器の経絡、ツボを選んでいます。また、鍼灸との組み合わせにより効果を最大限に引き出します。吸玉の大きさ、かけ方によっても効果が違います。

置吸玉法閃火吸玉法置鍼吸玉法

吸い玉の作用

皮膚への作用血管拡張により血液の循環量が上がり、皮膚組織の新陳代謝、汗腺、皮膚腺の機能が盛んになります。
筋肉への作用痛み、硬結、コリを取り除き、筋力増強にもつながります。
関節への作用関節内の血行を良くして、新陳代謝を盛んにすることで、痛みや拘縮を取り除きます。
内臓への作用消化器系、循環器系、呼吸器系、泌尿器系、内分泌系に働きかけ、異常になった内臓機能を本来の状態に戻します。
免疫系への作用新陳代謝が上がることにより細胞の活性化につながり、免疫力を向上させます。
体温への作用血管拡張により全身の血流が上がることで、体温の上昇につながります。
浄血作用全身の血液循環の促進により、体内毒素や血行障害を除去し血液が清浄されます。
神経系への作用自律神経のバランスを整えます。
婦人科疾患への作用骨盤内の循環を良くし、冷えをとり、子宮や卵巣の血流をよくします。子宮や卵巣の機能向上と若返りに効果があります。

吸玉をかけると肌に跡が残ります。身体の状態によっては強めに残り、跡が消えるのに1週間ほどかかります。跡がついて都合の悪い場合はおしゃってください。

跡が気になる方には吸玉はお勧めしません。

吸玉を施術した後の肌の色

  • 薄い赤色・・・・弱い反応
  • 濃い赤色・・・・中度の反応
  • 黒っぽい赤色・・強い反応
  • 全く色が出ない・虚の反応(身体が弱っている状態)

※吸玉をかけた後、身体がだるく感じたり、ほてったりする事があります。これは「瞑眩反応」といい、一時的なもので心配ありません。

漢方外用浸透法

痛み、不妊症、婦人科疾患に対して、病気に合わせた漢方を患部にパックし専用マッドで加熱することによって漢方を浸透させ、より効果を高めます。

清潔

滅菌機
滅菌機
  • 鍼は使いまわしをしておりません、全て使い捨て鍼です。
  • 鍼以外の道具は高圧滅菌の使用を徹底しております。
  • 刺鍼部位の皮膚消毒には日本で主に使用されるアルコール綿花ではなく、棉棒を使います。
    綿花だと手に触れてしまうので不潔と考えております。
  • 消毒液はアルコールに加え、ヨードインキを使用しています。日本のアルコールのみで行うことより効果的です。
  • 施術者の手消毒:アルコール消毒。

当センターの鍼灸治療方針・体制

  • 鍼灸治療対象:難病・不妊症・女性疾患・痛み・小児疾患・慢性病・体質改善・病気予防・美容・アイチエイジング
  • 当センターでは、鍼灸治療にあたる鍼灸師は全員、厚生労働大臣免許の日本国家資格である鍼灸師の免許を所持しています。
  • 熟練の鍼灸治療技術によって鍼の痛みはありません、初めての患者さんとお子さんにも安心してお受けいただけます。
  • 鍼灸治療用鍼のサイズも指定可能で、使い捨てで衛生面を重視しています。
  • 1つの治療法だけではなく、中国式刺法・日本式刺法・電気鍼・頭鍼・項鍼・舌鍼・眼鍼・耳鍼・夾脊鍼・梅花鍼・腹鍼・腰鍼・体鍼・筋肉鍼・神経鍼・漢方薬灸・吸玉・家伝漢方薬熱浸透法から、一番適切な組合せを選定した上での治療を致します。
  • コンサルテイング:豊富な臨床治療経験に基づき、お一人一人の治療に要する回数、治療効果、治療中に症状変化等予測の説明を実施しております。
  • 中国との連携:中国黒龍江中医薬大学付属病院との提携で、中国の臨床で最も効果的な最新治療法や研究成果を随時取り入れております。

鍼灸治療料金

>>診療時間・鍼灸治療料金を参照してください

鍼灸治療治療室のご案内

鍼灸治療室:各ベッドそれぞれにカーテンがありますので、プライベートな空間でリラックスして鍼を受けていただけます。

鍼灸治療不向きな病気

西洋医学の効果が安全かつ確実に期待できる病気/緊急処置・手術が必要とする病気/炎症・高熱を伴う病気。