大阪で不妊鍼灸をお探しならトップクラスの不妊鍼灸をご紹介

当院は日本鍼灸と一般的な中国鍼灸、東洋医学鍼灸と異なる、現代中国医学不妊鍼灸治療法で不妊症に対応しており、不妊鍼灸治療効果は他院の不妊鍼灸では実現できないもので、不妊鍼灸を取り入れたい方は、是非大阪大龍江中国医学センターにご相談下さい。

鍼灸不妊治療で妊娠した事例の紹介

40代で双子をご出産
40代で双子をご出産

症例1.不妊症に悩むシャ様は、不妊を治すために西洋医学の病院、不妊漢方薬局と不妊漢方病院で治療を受けたが、妊娠に至らず。当院の鍼灸、電気針、漢方灸、飲む漢方、漢方座浴治療で双子の男の子をご出産されました。撮影場所:当院待合室 シャ様と当院院長盧 華

 

 

症例2.41歳女性、質の良い卵子ができないと子宮内膜が薄い為、 数回人工授精したが、着床したことはない。又持病の関節リウマチも悪くなり、
リウマチ治療薬を服用し始めたので、産婦人科に人工授精も体外受精もできない状態と言われたのでご来院。他の鍼灸を受けたことがある。
当センターでは、リウマチの治療と同時に卵子の成熟を高める治療をした4か月後、リウマチは治った、良質の卵子もできた。
次は骨盤内のうっ血状態を改善して、子宮内膜の厚さを正常にする為の治療した2か月後、人工授精で妊娠しました。

症例3.6歳女性、着床不全で、6年前からアメリカと日本の病院で治療を受けたが、妊娠に至らず。他の鍼灸を受けたことがある。当センターでは、受精卵が根をおろして着床するには、子宮内膜に適度な栄養(血液)と温かさが必要でと考えて、冷え取りと子宮への血流を促進する治療をした10か月後、自然妊娠ができた。

症例4.45歳女性、結婚後10年、不妊症、4cmの子宮筋腫1個あり、生理不順、生理痛あり。仕事柄で不規則な生活を送っている。他の鍼灸を受けたことがある。当センターでで不妊集中治療を定期的に受け、8か月後自然妊娠ができました。

症例5.28歳女性、結婚6年、妊娠は一度もない、病院で検査したが特に不妊の原因がみつからない。生理の量が少ない、出血の色も黒い、お腹と手足の冷えがある、他の鍼灸を受けたことがある。当センターで中国医学の弁症論治法で治療した6か月後、妊娠ができました。

症例6.39歳女性、高温期が短い、体温が上がらない、卵子が育てない、卵巣年齢検査の結果では卵巣機能が加齢より低下している為、ホルモン注射を受けられない。他の鍼灸を受けたことがない。当センターで総合療法を施した3か月後、高温期が正常になり、毎月卵子が育てるようになり、6か月後妊娠ができました。

症例7.34歳女性、婚後5年、不妊症、10ヶ月前に子宮内膜ポリープの摘出手術を受けた。病院でホルモン薬療法を受けている最中。ホルモン剤の副作用で不正出血が続き、体がだるい、低血圧、全身の冷え、疲れやすい、お仕事もできない状態でご来院。
来院時の舌象:舌色暗紅 於斑と於点あり、舌下絡脈太く黒紅。脈象:沈弱。 他の鍼灸を受けたことがない。
治療法:①こちらで先ず不正出血と体だるい、冷えと疲れやすい等の症状に対する治療し、2ヶ月後上記の症状がなくなり、仕事復帰もできた。②それから、こちらの不妊治療法を施した10ヶ月後自然妊娠しました

お陰さまで元気な子が生まれました

出生後のご挨拶に来院されました。
*これ以外にも赤ちゃんができた症例はたくさんあります。
コー君 華先生に抱っこマー君 華先生に抱っこ

*不妊症にお悩みの方は是非気軽にご相談ください

女性不妊症・男性不妊症にお悩みの方に

女性不妊症にお悩みの方で、下記の症状が一つでもあれば、是非ご相談下さい。

女性不妊で高温期が短い・高温期なのに体温が上がらない・生理の量が少ない・質の良い卵子が育てない・ ホルモン剤注射しでも採卵がなかなかできない
不妊症で子宮内膜が薄い・ 加齢による卵巣子宮の機能低下・ 人工授精と体外受精と顕微授精しても着床しない・ 着床するが流産する・E2値が上がらない・FSH値が高い・生理が来ない
不妊で無排卵・子宮筋腫・子宮内膜症・卵巣のう腫・多嚢胞卵巣・色々な方法を試したが妊娠に至らず・卵管閉塞

男性不妊症にお悩みの方で、下記の症状が一つでもあれば、是非ご相談下さい。
精子の数が少ない・ 精子の活動力低い ・冷え・腰痛・肩こり・疲れやすい

35歳過ぎの不妊症も当院の不妊鍼灸治療法で対応可能です

不妊症に悩む方や不妊予備軍が今、増えています。不妊治療の成績は女性の年齢と大きく関係!不妊治療の始めどき、2年では遅い!?日本では一般的に、”2年以上、避妊をせずに、妊娠しやすいタイミングである排卵日に合わせて性行為を続けても妊娠しない場合”を不妊症と定義しています。しかしそれでは遅いケースも多々あるといいます。今は晩婚化が進んでいて、昔と比べると高齢になってから妊娠を望む方も少なくありません。そういう意味からすると、2年間様子を見るというのはちょっと長すぎるという意見もあります。
欧米では1年間、避妊をせずに性行為を続けて妊娠しなければ不妊治療をスタートするというのが当たり前なのだそうです。いずれ日本も不妊治療の始めどきは2年から1年へと繰り上がるかも。とくに女性が35才を過ぎている場合は2年待たずに、早めに受診したほうがいいと思います。女性が高齢になればなるほど妊娠しにくくなりますから。不妊症というと、生まれつきこうした生殖機能のどこかに障害がある人が悩むもの、と思いがちです。しかし、先天的な因子で不妊症になるという人は実は少ないんです。割合でいうと10%くらい。つまり後天的な原因によって不妊症になっている人のほうが多いんです。ですからほとんどの不妊は治療することができます。女性は年齢が若いほうが妊娠する能力が高いので、不妊治療の流れは、35才以下と35才以上では異なります。35才以上になると卵子の質の低下、性機能の低下など、加齢によるさまざまな要素が加味されてしまうのです。また高齢になると子宮内膜症、子宮筋腫などの頻度も高くなりますし、ホルモンバランスも崩れてきます。早めに効果的な不妊鍼灸治療を始めることが大事になってくるのです。

当院の不妊鍼灸治療法のマスコミ紹介

写真

雑誌写真

1、当院は、日本で唯一現代中国医学治療による本格不妊症治療施設として不妊専門雑誌【赤ちゃんがほしい】に紹介されました

 

 

 

 

 

2、当院の不妊症治療法は新聞に掲載されました、こちらへ

当院の不妊鍼灸治療法の特徴

院長盧 華LU HANAは中国の中医師で、有名な鍼灸治療家です。中国医学を極め西洋医学も熟知し、約30年不妊症治療に取り込み、数多くの様々なタイプの不妊症を治療してきた経験があります。

  • ほかにない現代中国医学手段により不妊治療、鍼灸の効果を最大限に出すために、高度な鍼灸技術と不妊鍼灸治療九法を行います
  • ほかにない自然栽培漢方、高度なオーダメイド漢方を使用(院長盧 華の実家中国「済仁漢方薬農場」で採集の自然栽培漢方、自生漢方)
  • ほかにない鍼灸と漢方薬併用法:鍼灸治療だけや、漢方治療だけでは効かない不妊にも、この鍼灸と漢方併用法で良い効果が期待できます
  • ほかにない鍼灸と漢方外用法多方法連用1回あたりの鍼灸治療効果を最大限に発揮するので、不妊完治までの治療期間が短縮できます
  • 全ての不妊に対応できます。副作用がない。西洋医学高度生殖医療と併用可能。個人レベルの認識ではなく、医学に基づいての不妊治療です
  • 一つの治療法を不妊症の皆さんに使うのではなく、一人一人に合わせた多くの治療法から一番必要な不妊治療組み合わせ法を行います
  • 妊娠できる心と身体を作る為に、様々な治療法をご用意
  • 体質改善だけではなく、一人一人の不妊原因を取り除く為の本格不妊治療を行います

当院の不妊治療法内容

  • 飲む漢方薬:日本漢方や保険漢方や中成薬と根本的違う本格的な中国オーダメイド漢方薬、自然栽培漢方、自生漢方使用

不妊漢方の詳しい情報はこちらへ不妊症の漢方薬治療法

  • 漢方薬灸:20種類の漢方薬で作られた漢方灸。火傷の心配は無い。
  • 不妊鍼灸:ご希望と体質に合して痛くない鍼、得気する鍼、まったく痛くない鍼をご用意。腹鍼灸 頭鍼 腰鍼灸 全身鍼灸(鍼による痛みの心配は要りません
  • 腹部漢方熱外用法当センターオリジナル方法)鍼灸との併用によって、不妊鍼灸治療効果が更に高められます。骨盤内の循環をよくする・子宮卵巣機能を高める、骨盤内の冷えを取る・子宮卵巣の若返り等一人ひとりに合してのオーダメイド方法
  • 漢方蒸し座薬:当院のオリジナル方法、オーダメイト漢方使用ー気持が良いと好評されています

不妊原因は多種多様でお一人おひとり違います。当然その原因に応じて不妊鍼灸治療法も違います。一番大切なのは、鍼灸治療でその不妊原因を取り除くことです。(西洋医学で原因不明と診断された場合であっても、中国医学の診断法によって原因を見つけた上で治療します)

当院の不妊治療九法の詳細

  • 子宮卵巣の若返り法:不妊で年齢35歳以上の方・体外受精等高度生殖医療を経験しでも、妊娠できなかった方に
  • 黄体機能向上法:不妊で黄体機能不全の方に
  • 総合治療法:色々な方法で治療を受けたが、妊娠に至らない難治性不妊症に
  • 卵巣機能向上法:不妊症で早期卵巣機能低下症の方に(若い方で卵巣の機能が働かなくなって排卵が起こらなくなる)
  • 活血消於法:不妊で子宮筋腫・子宮内膜症・卵巣のう腫のある方に
  • 補腎温宮法:子宮内膜薄い・卵子の数少ない・卵子の質が悪いによる不妊症に
  • 弁症論治法:病院の検査では不妊原因が見つからない=原因不明不妊症に
  • 周期療法:不妊で女性ホルモンの異常・排卵異常の方に
  • 補腎固胎法:流産しやすい方、不育症の方に

不妊鍼灸治療流れの一例

当院の不妊鍼灸治療は、オーダーメイド方法になります。ご参考に鍼灸治療の流れ(一例)を挙げます

  • 鍼灸・頭鍼(オリジナル): 脳の視床下部をを調節します。排卵がうまくいくように脳の視床下部からGn-RHというホルモンの指令がでて女性の月経周期をコントロールしていますが、視床下部は体調、精神状態、栄養状態などのいろいろな異常の影響を受けます。女性の体はデリケートですから、ストレスの多い現代社会ではさまざまなきっかけで視床下部の調子が悪くなり、排卵もうまくいかなくなることが多くあります。
  • 鍼灸・腹鍼と卵巣灸・子宮灸(オリジナル):お腹にある特殊なツボに鍼と漢方灸をします。赤ちゃんの居心地が良いお腹作りに妊娠はよく種と畑にたとえられます。種は受精卵、それが根をおろす。つまり着床する子宮内膜が畑にたとえられるわけです。畑には適度な肥料と水分、そして温度がなければ種子は発育しません。もし水分が多すぎるといくらよい種子を植えても根をおろすことができず、根切れして流されてしまいます。これと同じように、子宮内膜も適度な栄養(血液)、適度な水分、そして温かさがなければ受精卵は育ちません。
  • 腹部漢方薬熱外用法(オリジナル):骨盤内の循環をよくし、子宮と卵巣への血流を促進する、骨盤内の冷えを取る・子宮卵巣の若返りに等
  • 鍼灸・電気鍼(オリジナル):生理、排卵の周期によって、電気鍼灸を使い分けます。卵子の質を高める・排卵促進効果の鍼灸方法

不妊症を克服したい方は是非ご相談くださいご相談電話 06-6935-3129 ご相談メール:ruhana@mbk.nifty.com

当院の不妊治療は業界の皆様に注目されております

★院長 盧 華は、豊富な不妊症鍼灸治療の経験とオリジナル鍼灸治療法を駆使し、不妊症完治多数。
毎年日本各地から多くの鍼灸師の先生方が、盧 華に不妊治療法を勉強する為に大阪に集まります。下記の写真:院長 盧 華の鍼灸師、医師を対象にした不妊症鍼灸治療講演会の一部
※不妊症鍼灸治療講演会H22大阪※不妊症鍼灸治療講演会H23大阪※不妊症鍼灸治療講演会H27大阪