当院は日本国内で唯一現代中国医学治療法による筋ジストロフィー治療の専門施設。筋ジストロフィーの原因メカニズムに基づいた現代中国医学治療法と家伝治療法で対応しております。筋ジストロフィーが治った事例(治癒症例)、筋ジストロフィー進行が止まった事例、運動機能がアップした症例、失った運動機能が戻った症例、CKの値が正常になった症例等々、多くの実績があります。大阪をはじめ、日本全国から筋ジストロフィーの方がご来院しております。筋ジストロフィーは難病ではありますが、治る病気でもあります。筋ジストロフィーに悩んでいるが、治ることも良くなることもないと思って諦めている方、健康食品やお食事で改善を試みしてもよくならなかった方は大勢いっらしゃると思います。是非諦めないで下さい。当院ご相談下さい。

当院の筋ジストロフィー治療法は、中国国内と同じ高い水準の治療法で、日本では当院のみです

当院の筋ジストロフィー治療法は、他院が真似できないもので、日本鍼灸と日本国内に有る一般的な中国鍼灸(中国針)や中国鍼灸単独の鍼灸院とは根本から違います。

当院の筋ジストロフィー治療結果と成績は、日本鍼灸と日本国内に有る一般的な中国鍼灸(中国針)や中国鍼灸単独の鍼灸院ではできないものです。

難病について

病院で難病と診断された方に、ぜひお伝えしたい思いがあります。仮に西洋医学の観点で治らないと言われたとしても、絶対にあきらめないでほしいのです。あきらめないという選択をした時点で、すでに治療に向けた第一歩を踏み出しています。
中国の医療では中国医学を用い、難病を一般の病気と同じように治療対象とし、高い成果を上げています。
日本では難病=治らない病気という認識がなされていますが、中国では難病=難しいけれど治す病気です。
しかし、難病はやはり難しい病気ですで、身体の中には複雑な病理病態、難しい状況にあるので、健康食品と食事やお茶、民間療法等では治ることはないでしょう。
西洋医学は世界共通の医学ですが、世界医学全体の枠組みでみれば一種類の医学でしかありません。その視点で治療法がないからといって、絶望する必要は全くないのです。
西洋医学の治療法が、世界どこの国でも同じで、例えば、中国にある西洋医学とアメリカ、日本にある西洋医学の治療法は同じです。中国には西洋医学以外で中国医学があります。
中国医学は西洋医学より歴史が長く、しかも西洋医学苦手とする病気を得意分野とします。
例えば西洋医学で原因が特定できて、かつ治療法や薬があったとしても、思うような効果がなかなか得られないケースや、原因が特定できなくて、治療ができないケース、仮に薬の効用が期待できたとしても、副作用が大きくて元の体に戻るのが難しいケース、あるいは、治療法や薬がないケース(日本でいわゆる難病と呼ばれる病気)の全ては中国医学の得意分野になります。
中国では、日本で難病と呼ばれる病気になっても治療するのが当たり前となっています。そして、西洋医学中心の日本とは違い中国では現代中国医学難病治療で高い効果を出しているのです。

*現代中国医学治療には、鍼灸だけではありませんので、豊富な治療内容があり、基礎理論から鍼灸治療までの全ては、日本にある鍼灸と東洋鍼灸と一般的な中国鍼灸(中国針灸)や中国鍼灸単独の鍼灸院とは違いますので、治療結果にも大きな差があります。

当院は、この現代中医学をベースに家伝方法を加えて難病患者さんの治療にあたっています。多くの難病が治っています。

筋ジストロフィーに悩まされた皆さんは笑顔になられました

悠人君                  エビナ様

P1020765   P1020761

彬君                   大和君

20160314_3   IMG_0079

筋ジストロフィー症例紹介(治癒事例)

 当院の治療で筋ジストロフーは治った事例

*当院ご来院:2007年10月1日 6歳 女のお子様

ご両親のお話:5歳からよくこけるようになった、体重も2年間増えずに、声も小さくなった。お家で食事を変え、栄養補助食品や糖鎖を取ることを始めたが、症状は良くならず、逆にこの頃から筋力の低下は明らかに進む。寒い日は指が真っ白になり、イビキするようになった。*2006年10月~12月(5歳):万歳ができない・つま先で歩く・室内でもよくこける・睡眠時無呼吸、いびき・アトピー*2006年12月~2007年8月 (6歳):レイノー現象・階段を登れなくなる・歩き方が動揺性歩行。そして、運動会の後位から力が入りにくくなり、立ったり座ったりするのが困難になったため、大阪市立総合医療センターで診察と検査を受ける。筋ジストロフィーと診断された。医師からは、西洋医学には治療法はなく、このまま手足は痩せていくため、10歳位には寝たきりになり、自力呼吸もできなくなり呼吸補助器具が必要となると告げられる。

このような状況に絶望したご両親は中国医学は難病に効くというテレビ番組を見て、治したいという気持ちになり、中国医学に治る希望を持ち始めた。インターネットで探し、当院HPをご覧になってご来院。

*2007年10月1日当院ご来院。ご来院時の状態:自立で立ち上がれない・上腕と下肢が痩せる・仰向けの姿勢と下向きの姿勢から起き上がれない・両上腕は上がらない

*当院の治療を受けてから症状の変化: その月にアトピーが治る・翌月にイビキは治る・それからこけなくなる・自分で立ち上がれる・背骨がまっすぐに戻る・手すりを持って階段を上がれる・痩せた手足の筋肉は戻る・つかまり立ちができるようになる・つま先歩きでなくなる・車いすは使わなくなる・身長体重が伸びる・少しジャンプができる・普通に歩く・走れる=筋力は正常になり、運動能力は正常になった(*2009年の夏、治すスピートの加速を図るため、新たな漢方薬を追加する。その後症状は顕著に良くなる。運動力は著しく向上する)。治った後も、通院回数を減らし、2013年12月末までに当院の治療を受けました。

*当院の治療を受ける前と受けてから血液CK値の変化

2007/01/262007/07/312009/04/302010/03/26
AST122995631
ALT113975526
γ―GTP899
BUN6.511.010.910.9
Cre0.070.100.100.12
CK484048331973641

※2006年から2007年7月まで食事療法を行っていたが数値に変化はみられない。

*2007年10月1日から院で治療を開始してから5000近くあった数値が2/3にまで下がり、2011年の秋には正常値になった。(CK参照 基準値 43~165 IU/l)

 

2010/12/142011/11/142012/10/30
AST272621
ALT252419
γ―GTP11109
BUN11.410.410.3
Cre0.180.150.16
CK13188

 

ご父兄がまとめられた経 緯①
P1020897
ご父兄がまとめられた経緯②

P1020886P1020887P1020889P1020890P1020891P1020892P1020893P1020894

 

 

筋ジストロフィーとは

筋ジストロフィーとは、正常な筋肉の機能に不可欠なジストロフィンと呼ばれるたんぱく質の不足から、筋肉に損傷や破壊、変性を起こし、次第に筋萎縮と筋力低下が進行していく疾患群で、進行性疾患です。筋ジストロフィーは、年齢に関係なく発症しますが、幼少児期に診断されることは多いです。
筋ジストロフィーの分類:
筋ジストロフィーの発症年齢や遺伝形式で様々な病型に分類されます。主に30以上種類を以下の9つの種類に分類され、診断に利用されます。その内、最も頻度の高いのはデュシェンヌ型筋ジストロフィーである。 デュシェンヌ筋ジストロフィー ・ベッカー型筋ジストロフィー ・先天型筋ジストロフィー ・筋緊張性ジストロフィー ・顔面肩甲上腕型筋ジストロフィー(FSHD) ・肢体型筋ジストロフィー ・眼咽頭型筋ジストロフィー(OPMD) ・遠位型筋ジストロフィー ・エメリードライフス型筋ジストロフィー
筋ジストロフィーの症状:
筋ジストロフィーの症状は、筋ジストロフィーの種類によって多少の違いがありますが、歩きにくいことから始まり、筋力低下(四肢近位筋)、ふくらはぎの仮性肥大が見られます。筋萎縮(体幹部・四肢近位筋)で歩行困難となり、後に指先以外は動かしにくくなります。咽頭喉筋・呼吸筋の筋力低下も進み人工呼吸器が必要となってきます。その他の症状は主に下記のようです。歩行困難・頻繁に転倒する・筋けいれん ・起き上がることが困難である ・眼瞼の下垂(垂れ下がっているまぶた)・(嚥下障害・嚥下困難)うまく飲み込めない ・声の変化・顔の筋肉下垂によってやつれて見える ・首を上げる動作の困難(首の筋肉の衰弱) ・頭皮の前面の早期脱毛症 ・白内障を含む視力低下 ・体重減少 ・発汗増加 ・視覚障害 ・発話障害 ・知能障害・反射の消失 ・立位の困難・骨が薄くなる ・軽度な精神的欠陥 ・呼吸困難 ・肺虚弱や心臓虚弱 中枢神経系や副腎、心臓、甲状腺、眼、また消化管を影響する場合があります
血液検査では、血清CK値が上昇が著名です。
筋ジストロフィーの原因:
「ジストロフィン」という筋肉を正常に維持させるために欠かせないたんぱく質を生成する遺伝子に異常が生じることで発症します。

筋ジストロフィーを中国医学でみると

痿証(いしょう)と言われます。
筋肉を生成する、筋肉を動かすためには気・血・津などの栄養が必要になりますが、うまく滋養されずに筋力低下や萎縮が起こってしまう状態を指します。そのために長期にわたり運動障害をきたしてしまいます。その人の元々の体質からと遺伝からなることが多くあるため、原因は非常に複雑です。

筋ジストロフィーに対する当院の治療法

*鍼灸治療:運動鍼鍼灸・筋肉鍼灸・電気鍼

*漢方外用浸透法:当院のオリジナル

*中国漢方薬:一人一人に合わせて作った骨格筋再生を促す作用の漢方薬(日本国内にない漢方薬)

*漢方灸:数種類の漢方から作った漢方灸

*漢方蒸し法:当院のオリジナル

これらの組み合わせ治療法は、日本では他院にありません。他院が真似できないものです。

筋ジストロフィーにお悩みの方で是非当院にご相談下さい TEL 06ー6935-3129