左:盧華院長 中央:Y様 右:鶴田先生

半年前に腰椎椎間板ヘルニアの治療で腰の牽引をした後、突然左足に力が入らなくなり、下垂足になった。

発症から三カ月後に来院され、鍼灸漢方治療を開始。

治療開始からどんどん力が入るようになった。

現在では、つま先をあげる動作がかなり改善され、家族や友達から「歩くのが早くなってる!」と驚かれた。

さらに家族とプールに行き、平泳ぎができて、大変喜ばれていた。

完治を目指して現在も治療を継続中。