院長盧 華(LU HANA)のご挨拶

盧 華 LU HANA

中国医師(中医主治医師)  鍼灸師
東洋医療専門学校講師
社団法人:全日本鍼灸マッサジー師会会員
中国黒龍江省中医薬学会会員
中国中華中医学会会員
大阪府鍼灸マッサージ師会会員
現代中医鍼灸学講座を主宰

ようこそ、当院のホームページをご覧下さいまして、ありがとうございます。

わたくし、盧 華(LU HANA)は、患者の皆さまに「華HANA 先生」と呼んで頂いており、中国黒龍江省(コク リュウ コウ ショウ)の百年前から今日まで代々続く医者の一家に生まれ育ちました。

わたくし自身も中国の国立大学の医学部を卒業し、医者として中国医学と西洋医学勿論のこと、世界中の有効性が高く治療効果が期待できるものを学びました。

その後、二十年以上の臨床の経験を重ねてまいりました。特に難病、腎臓疾患、小児疾患、脳神経疾患、婦人科疾患、不妊、慢性疾患を専門としています。

私の実家は、現在、中国国家から認定を受けた中国主要漢方薬の製薬メーカー 「済仁薬業」と自生漢方薬の採集・漢方薬の自然栽培の「済仁漢方薬農場」、 更に主に中国国内で有名な難病、不妊症・婦人科疾患、慢性病治療の四つの病院「済仁病院」からなる医薬グループとなっています。

中国の実家は、今日まで数多くの漢方処方と中国医学治療法、鍼灸治療法の研究開発を重ねており、その成果は中国で高い評価を受けています。また、私の父が研究した漢方処方は中国の国立医科大学医学部の教科書にも掲載されています。
このように中国の実家が研究開発した多くの治療法と技術は、百年以上、中国の方々の健康に貢献してまいりました。

わたくしは、これらの難病、婦人科疾患、慢性疾患にお苦しみ、本格な中国医学治療法をお求めの皆様に、家伝の歴史ある漢方、鍼灸、中国医学の技術とノウハウを紹介したく、日本、中国という国境の枠にとらわれず、治療方法の幅を広げ更なる多くの病気の克服を目的に、当センターを創りました。そして、ふるさと黒龍江省生まれの長い伝統ある技術が大いに日本の皆様にお役に立てることを祈って「大龍江中国医学センター」(ダイ リュウ コウ チュウゴクイガクセンター)と名づけました。

わたくしは常々、皆様一人一人を理解し、希望に応じ、初めての方にもご安心して中国鍼灸と中国漢方の素晴らしさをもっと気軽に取り入れて下さいますように最適のサービスを行いたいと考えています。

これまで、日本全国の多くの難病、不妊、婦人科疾患、慢性疾患の皆様に喜んでいただいております。皆様の病気の克服がわたくしの何よりの喜びです。

皆様からのご相談とご来院をスッタフ一同でお待ちしております。。

院長  盧 華