椎間板ヘルニア患者様の鍼灸漢方治療体験談:ゴルフの練習にて強くスイングをした際に腰に激痛が走り、そこからしばらく動くことが出来ませんでした。
次の日の朝になっても腰の痛みが引くことは無く、お尻から足にかけてシビレもあり歩く度に痛みがありました。


病院にて検査をしてもらったところ、腰椎L4とL5の骨同士の間隔が狭くなり、左下部にヘルニアは突出していました。医師からは腰椎L4/L5間の椎間板ヘルニア左下部突出型と診断を受けました。


病院では週に2回~3回定期的にブロック注射をしていましたが、しばらくすると再びシビレと痛みが出てを繰り返していました。
次第に2時間の会議で座ることも我慢出来ず、痛みが強くて睡眠が浅くなったり血圧も高くなり、食欲も無くなって日常生活に大きく支障をきたすようになりました。


この生活から早く抜け出したかった為、知人に紹介してもらい当院で鍼灸漢方治療を開始しました。
当院で治療を、続けて1カ月で痛みは治療前の2割程度にまで減ることが出来て、病院でのブロック注射には行かなくなりました。

その頃から30分のジョギングや水泳も出来始めて来ました。

2ヶ月が経過して病院でレントゲン、MRIで検査をしたところヘルニアの突出部分は完全に無くなり、狭くなっていた椎間板が以前のように正常に戻っていると医師が驚いていたとご報告を頂きました。

現在は当院での治療を終了されていますが、先日痛みによる苦痛は全く無く毎日を過ごすことが出来ているとのことです。