生まれつき、家族性難聴があり左右共に日常生活は支障がありませんでしたがもともと聴力がよくありませんでした。

3カ月前ぐらいから、テレビのボリュームが段々と大きくなったことに気づき、会話を聞き直すことが多くなったため、心配されたご家族が病院へ連れて行き検査をした結果「右耳の突発性難聴」と診断されました。

ステロイド治療と高圧治療を受けられましたが変化はなく、症状が酷いときは寝ている時も耳鳴りがあり、寝付けないこともあったそうです。

何とかしたいと思い、当院のホームページをみて治療を受けることになりました。

治療を受けていくうちに、段々と耳鳴りの回数が減ったことや音が聞きやすくなったと実感されていました。

特に治療が終わったあとは会話がスムーズに出来ると話していました。

現在も治療を継続しており、完治を目指しています。