骨髄異形成症候群(MDS)患者様の鍼灸・漢方治療体験談。女性。

骨髄異形成症候群と診断を受け患者様が治療を受け1年半以上が経過しています。

これまでの血液検査では検査を行う度に、

赤血球 治療前:381㎛⇒検査結果427㎛

白血球 数値が治療前:2.82㎛⇒検査結果3.04㎛

血小板は 治療前:5.8㎛⇒検査結果6.6㎛へとそれぞれ数値が上がりました。

特に病気を発症されてから血小板の値が下がっていましたが治療を開始して6以上になっていたことに大変喜ばれていました。

今後も数値が安定はもちろんのこと、更なる改善、完治を目標に治療を続けていきます。