糖尿病性腎症患者様の鍼灸漢方体験談:糖尿病による慢性腎不全と診断されて、病院にて透析を開始する説明とその準備をされていました。

病院での治療が対症療法しかなく、食事制限を行いながら毎月の血液検査で経過観察をしていましたが、数値が悪化していくばかりでした。

家族が大龍江中国医学センターのホームページを見つけ、問い合わせをしたところ、院長からの腎臓の数値が良くなり治ります、と説明されたので治療を開始することにしました。

通院しての鍼灸治療と、オーダーメイドの漢方煎じ薬も飲み始めました。

治療を開始してから血液検査を行ったところ、数値の改善がみられました。

クレアチニン 7.26⇒6.50

eGFR 6.9⇒7.8

今までは悪化する一方でしたのでこの結果に驚きました。

これからも更なる数値の改善と、透析の回避を目指して治療を継続されます。