顔面神経麻痺患者様の鍼灸・漢方治療体験談

2021年5月に左の顔が全く動かなくなり病院に行くと顔面神経麻痺と診断を受けました。

ステロイドパルスの為、入院していましたが全く効果は無く仕事もしばらく休職しました。

友人から鍼灸治療を勧められて治せる治療院を探していたところ当院のホームページを見つけ、

沢山の患者様の症例紹介を見て自分も完治したいと思い鍼灸・漢方治療を開始しました。

 

後遺症になる前に完治したいと思っていた為、休職している間になるべく治療を多く受けられました。

治療を開始して2カ月が経過し口元が動くようになり、見た目では目立たなくなりましたが、

バイクに乗った際に目が閉じきれない為、風が入ったり、日差しが目に入り眩しいなど完全に良くなっていないことを実感し、

治療を継続していきました。

それからも継続し続け、現在では目も閉じれるようになり表情を付けても左右差が無くなり本人もとても喜んでいました。