顔面神経麻痺患者様の鍼灸・漢方治療体験談

2021年5月に顔面神経麻痺を発症し、病院でのステロイドパルスをする為に入院をしましたが

何も変化しないまま病院での治療は経過観察と言われました。

このままでは恥ずかしくて外出も出来ないと酷く落ち込んでしまい

知人や友人からの食事の誘いや買い物などの外出もしない日が増えました。

以前に鍼灸治療をしていたこともあり、鍼灸で治せないか検索をしたところ

当院のホームページを見つけて治療を開始しました。

発症から1ヶ月も経過しておらず、後遺症になる前に完治したいと思い

1ヶ月近く集中治療を行いました。

治療を継続していくうちに顔が左右で同じようになっていることを実感することができました。

集中治療が終了し、見違えるほど症状は改善したのですが後遺症の予防も含めて通いながら治療を続けていきました。

現在では友人や知人とも会うことも出来て何も気にすることなく生活が送れるようになりましたとご報告を頂きました。

後遺症も予防出来て大変喜ばれておりました。