脊柱管狭窄症とは

脊柱管について

脊柱管とは、背骨を構成している椎骨(背骨)の穴が重なって脊柱管となっています。脊柱管は脊髄神経を外部から守るために保護としての役割があります。

脊柱管の周りには体重の負担を逃がすためのクッションの役割をしている「椎間板」,身体の動きによるストレスを脊髄に与えない為に「黄色靱帯」など脊髄の周りの組織は脊髄を守る仕組みとなっております。(左下図参照)

脊柱管狭窄症について

腰痛をお持ちの方で以下の症状があれば脊柱管狭窄症の疑いのある方です。

・何分間か歩き続けると痛みやダルさで長時間歩けない。

・歩く時に休憩すると再び歩き出すことが出来る。

・腰痛が前屈みの姿勢で楽になる。

脊柱管狭窄症の原因

①加齢や長年の姿勢によっての骨自身変形による圧迫

②黄色靱帯が肥厚(分厚くなる)して圧迫

③骨を支える筋肉が硬くなり神経根を圧迫

基本的に高齢者に多いのが特徴です。
生まれつき脊柱管が狭い人もいます。そういった人は、加齢に伴う上記のような圧迫が容易に起こるため、30代~40代で発症することもあります。先天性の狭窄症については、遺伝性が認められています。

脊柱管狭窄症による神経症状とは

「中心管狭窄症」:腰の痛み、臀部(お尻)の痛み、下肢(足、脚)の痛み、歩けない、両側性の間欠性跛行(歩行中にしびれや痛みが広がり、休まなければいけなくなる)が出る。この型の特異的症状には、重症になると膀胱機能障害や排便機能障害(小便時に感覚がない、便がいつの間にか出てしまってい)が出る。
「外側陥凹狭窄症」および「椎間孔狭窄症」:椎間板ヘルニアでみられるような坐骨神経痛や、腰の痛み、臀部(お尻)の痛み、下肢(足、脚)の痛み、歩けない、一側性の間欠性跛行が出る。ということです。
全ての型において共通に、下肢にしびれや冷感を自覚したり、進行すると知覚障害や運動麻痺、筋萎縮がみられるようになります。

坐骨神経痛とは

坐骨神経痛は病名ではなく症状名である。坐骨神経痛は坐骨神経に沿って起こる神経痛であり、臀部から下肢後面を走る痛みである。臨床上は坐骨神経炎による原発性坐骨神経痛と、種々の疾患による症候性坐骨神経痛に分けられる。
坐骨神経痛の原因
年齢により異なるが、若い人の場合多いのは、腰椎椎間板ヘルニア、次に梨状筋症候群があげられる。腰椎椎間板ヘルニアは比較的急激には発症し、ラセーグ徴候(仰向けの状態で下肢を伸展挙上すると坐骨神経痛が増強)が特徴的である。ほとんどの場合、片側の坐骨神経痛が出現するが、ヘルニアの位置や大きさにより両側に見られることもある。梨状筋症候群は比較的緩徐に発生し、通常はラセーグ徴候が陰性となる。一方、高齢者では変形性腰椎症や腰部脊柱管狭窄症などの変形疾患に多く見られる。また帯状疱疹により坐骨神経痛を発症する場合もある。その他、年齢に関係なく特殊な疾患として、脊髄腫瘍や骨盤内腫瘍などが挙げられる。こういった腫瘍性の病変で坐骨神経痛を発症する場合は、痛みが非常に強く、保存的治療で治りにくいのが特徴である。

当院での脊柱管狭窄症、ヘルニア、坐骨神経痛への治療方法と内容

当院では、現代中国医学治療法で脊柱管狭窄症、ヘルニア、坐骨神経痛に対応しております。実績多数。
鍼灸:当院オリジナル手技とツボ処方、キョウセキ針、神経の圧迫を軽減すすための電気鍼(特殊繋ぎ方)と深刺。痛みを止める為の止痛電気針。歩けるための運動針。漢方灸。
漢方薬外用:当院オリジナル方法
飲むオーダーメイド漢方薬:当院オリジナル方法
漢方坐薬蒸し法:当院オリジナル方法

症例紹介小田様(中央)50歳男性脊柱管狭窄症、腰椎間板ヘルニア・腰痛 撮影:植田鍼灸師、院長盧 華・当院待合室

DSC_138810年以上腰の痛みに悩まされ続けていたが、我慢していました。昨年末に激しい痛みに動けなくなり、脚しびれる。病院で検査をしたところ、脊柱管狭窄症と腰椎間板ヘルニアと診断された。症状がかなり進行したため、手術しなければ治らないと手術を勧められる。

手術になると会社を休まなければならないため、手術以外の治療法で治したいので、勤務先の社長の娘さんが当院の患者様だったことから当院を紹介され治療を開始。
ご来院時は杖を使っても歩行は1mが限界で、当院で初回の治療では腰痛、脚の痛みが3割軽減した。その後も当院での治療を続け、痛みとしびれが取れた状態は安定する。歩行距離も長くなったため。手術は避けられました。2か月経過した頃には趣味のゴルフも再開できるまで回復した。手術せずに当院の鍼灸治療で脊柱管狭窄症は治りました。

右図(治療前):〇の部分は狭窄症の原因の部分

左図(治療後):黒い部分が無くなって症状や痛みも消えた

症例紹介 大江様(中央) 男性 脊柱管狭窄症・腰痛 撮影:植田鍼灸師、院長盧 華・当院待合室

大江さん数年来悩まされ続けていた腰痛が悪化し、病院で脊柱管狭窄症と診断されました。近所の接骨院に通ったが、良くならず、腰痛と脚の痛みで日常生活を送るための歩行が困難になったことから、当院の患者さんである娘さんのご紹介で当院にご来院。当院のオリジナル脊柱管狭窄症の鍼灸、電気鍼、漢方外用、漢方座浴、漢方治療をを半月位受け、腰痛と脚の痛みは治りました、長時間の歩行と小走りも問題なく行える。手術せずに当院の鍼灸治療で脊柱管狭窄症は治りました。

症例紹介 西川様(中央) 男性 脊柱管狭窄症・腰痛・腎不全 撮影:中島鍼灸師、院長盧 華当院待合室

西川様は、以前当院で腎不全が治った方で、その後、腰と脚の痛みで歩行困難になり、病院で検査を受け、脊柱管狭窄症と診断された、神経ブロックを受けたが、効かない。手術したくない為、再来院。当院のオリジナル脊柱管狭窄症の鍼灸、電気鍼、漢方外用、漢方座浴、漢方治療をを受け、腰痛と脚の痛みは治りました。手術せずに当院の鍼灸治療で脊柱管狭窄症は治りました。

症例紹介 斉藤様70歳女性脊柱管狭窄症、腰椎間板ヘルニア・腰痛 撮影:当院待合室

P1020298斉藤様は三叉神経痛治療のためにご来院。その後、持病の腰痛と足が悪くなり、病院で脊柱管狭窄症、腰椎間板ヘルニアと診断された。理学療法を進められたが、斉藤様は当院の治療を希望しました。当院の脊柱管狭窄症鍼灸組み合わせ治療を受けて半月後、腰痛は治りました。当院の鍼灸治療で脊柱管狭窄症は治りました。

当院のオリジナル脊柱管狭窄症、腰痛、ヘルニアの鍼灸、漢方組み合わせ治療法

脊柱管狭窄症新聞写真JPG   新聞に紹介されました

当院のオリジナル脊柱管狭窄症、腰痛、ヘルニアの鍼灸治療法講演会・院長盧 華主催

当院の院長盧 華(LU HANA)が考案した効果的な脊柱管狭窄症、腰痛、ヘルニア治療法は、日本にないので、毎年多くの鍼灸治療家はる勉強に来られています。下記の写真は、院長盧 華主催の脊柱管狭窄症鍼灸講演会の一部です。
P1000033
P1000063
P1000074
P1020437
P1020439
P1000761

是非早めに当院にご相談ください

脊柱管狭窄症、腰痛、ヘルニアにお悩みの方、近いや安いからといった理由で近所の治療院に通院して苦痛を長引いた方、効果のない鍼灸治療を続けたくない方、手術を避けたい方は、是非当院にご相談ください。
TEL 06-6935-3129