自閉症スペクトラムとは

自閉症スペクトラムとは、一般的に「自閉症」「アスペルガー症候群」を含めた広汎性発達障害が含まれています。対人とのコミュニケーションや言語、認知的発達の遅延等があげられますが、その症状は人によって重さが異なり、症状によっては社会的生活に困難を引き起こしてしまうことが多いです。

自閉症スペクトラムの症状

対人コミュニケーション障害

言葉を用いたコミュニケーションについては以下のような特徴があります。

  • 話し言葉が遅れている
  • 「おうむ返し」が多い(エコラリア、反響言語とも言われます)
  • 話すときの抑揚が異常である
  • 言語による指示を理解できない
  • 会話をしていてもかみあわない
  • 敬語が不自然である
  • 皮肉を言っても通じず、たとえ話がわからない

また自閉症スペクトラムの人は、言葉を用いない(非言語的)コミュニケーションにおいて以下の特徴があります。

  • 身振りや指差し(体の動き)が理解できない
  • 目線、眼差し(目の動き)が理解できない
  • 言外の意味が理解できない
  • 話の文脈が理解できない
想像力とそれに基づく行動の障害
  • 特定の物事に対して強い興味をもつ
  • 特定の手順を繰り返すことにこだわる
  • 常同的な動作を繰り返していく
  • 興味をもった領域に関して膨大な知識を持つ

以上のような強いこだわりを持った症状が出ることが多く、生活に支障をきたすことがあります。

自閉症スペクトラムの原因

自閉症スペクトラムの原因は主に※1.脳高次機能を担う※2.神経回路の異常に原因があります。

※1.脳高次機能:脳の中で精神・記憶・感情等を含めた情報処理

※2.神経回路:脳内で情報を送る為のネットワーク

人間の脳細胞が約140億個存在し、神経回路はその脳細胞同士が密に情報を交換する為のネットワークを張り巡らせています。脳細胞の発達と共に脳細胞同士が情報を交換し合う為のネットワークが複雑に出来上がることで、様々なことに対して知識を深めることが出来、言葉が理解出来たり、コミュニケーションや感情が備わって行きます。

それらのネットワークは脳内だけの栄養だけでなく、外界つまり、対人などの刺激で更に発達し合うことでより強固な高次機能として獲得することが出来ます。

しかし、自閉症スペクトラムの場合は、場所によってそのネットワークが出来上がっていなかったり、作られすぎたりすることで「形成異常」が原因で引き起こされます。

多くの場合は、高次機能が発現するときに異常が見つかることが多いです。

西洋医学の自閉症スペクトラムに対する治療

現在の日本の病院での治療は以下のような薬剤での治療を中心に行っていますが、根本的治療ではなく、副作用もあります。

一時的に症状を和らげることや精神を落ち着かすことを目的に行っています。

・中枢刺激薬:長時間作用型メチルフィニデート(コンサータ)

・選択的ノルアドレナリン再取り込み阻害薬:アトモキセニン

・感情安定薬:リチウム、カルバマゼビンなど

・抗てんかん薬:カルバマゼビン、バルプロ酸など

・抗精神病薬:リスベリドン、アリビブラゾールなど

・抗うつ薬:選択的セロトニン再取込阻害薬など

・抗不安薬:ジアゼバムなど

当院における自閉症スペクトラムにおける治療

当院の治療の目的は脳内にある神経回路(脳細胞同士を繋ぐネットワーク)を新たに正しく構築させることで社会的コミュニケーションを含めた脳内での情報処理を円滑にすることで根本的治療を行い、完治することを目的に治療を行っています。

当院の治療内容
鍼灸治療

頭鍼:脳細胞、脳の神経回路の再生・活性化に有効なツボ処方と刺鍼方法で鍼の効能を最大限に発揮出来るように1人1人に合わせたオーダーメイドの治療方法となっております。

電気鍼:適切なツボに対して更に電気の刺激を継続的に加えることで再生・活性化を促進することが出来ます。電気の刺激は患者様に最適な刺激量を調節出来るので痛みや怖さは全くありません。

全身鍼:それぞれツボの働きを最大限に利用し、身体の本質を改善して自分自身の治す力を促します。

飲む漢方治療

一人一人の症状や病気の重さに合わせて脳細胞・神経回路の再生・活性化を促進する為の漢方薬をオーダーメイドで作ることが出来ます。

症例紹介 自閉症スペクトラム・ADHDなど様々な症状 瑞光奏様(作家・30代男性)

(左)盧華院長(中央)瑞光奏様(右)横山鍼灸師

約20年前から「強迫観念」「対人緊張」などが酷くなり、精神科への診療を続けていました。

医師からは「自閉症スペクトラム」「ADHD」「適応障害」「対人恐怖症」「強迫性障害」など、様々な病名を診断され、大量の薬を処方続けており、10年前に逆流性食道炎に羅患したことを皮切りに頚や肩の激しい凝りや違和感、遅発性ジスキネジア、不眠、腹部膨満感、ふらつき、頭痛や眼痛、耳鳴り、手足の冷えや頭ののぼせ、多汗、疲れやすさ、腰痛(15分も歩けない)などのありとあらゆる不定愁訴が次々と出現し、日常生活に支障を来たすようになり、西は神戸から東は東京までと様々な治療へ通うも一時的な効果しか出ず、苦しい日々が続いていました。

2011年秋のある日、「マイライフ新聞」で大龍江中国医学センターのことを知り、それらは脳の神経伝達の不具合による症状による症状であり、また自覚症状も強かった「発達障害」の完治・改善も可能であると盧華院長から説明を受け、自分自身や家族、恋人との将来の為にも「根本治療」が必要だと強く認識し、鍼灸・漢方治療を開始致しました。

当院での治療

鍼灸治療:頭鍼⇒脳の神経回路を再生、促進させる

     安神の鍼⇒精神を落ち着かせる

     不定愁訴に対する鍼

     電気鍼⇒興奮している神経を落ち着かせたり、神経の再生・活性化を促進する

飲む漢方治療(当院オリジナル)

治療開始当初は精神的に不安定なことが多く、自分自身の感情を抑えることが出来ず家族や周囲の人たちに対して怒りをぶつけてしまったり、人との会話が怖くて会話が噛み合わなかったり自分の思っていることを伝えれないことが多くありました。

現在では多くの症状は落ち着いて肩こり、腰痛といった多くの不定愁訴の症状は無くなりました。

周囲とのコミュニケーションも今では楽しく会話をすることが出来て、周囲の人や家族が見ても変わったと言われるようになりました。

強いこだわりも今は人並みに実感できています。今では趣味や本を出筆したり、生活に不自由無く日常を過ごせるようになりました。

現在も治療を継続しており、更なる改善と完治を目指しています。